すべての人が夢を語る社会に向けて

ドリプラ世界大会の歩み

2007

12月15日(土) 第一回大会開催<すみだリバーサイドホール>(観客500名)
岩手代表、島根代表、東京代表の9名のプレゼンターのプレゼンテーション。感動大賞(八丸由紀子氏)、共感大賞(鶴岡秀子氏)が観客により選出され、審査員特別賞(新田裕之氏)が審査員により選出。

写真:2007

2008

12月19日(金) 第二回大会予選開催<東京ビッグサイト会議室>(観客350名)
20組のプレゼンターから、審査員により本選8組が出場決定。

12月20日(土) 第二回大会本選開催<東京ビッグサイト国際会議場>(観客1000名)
本選進出の8組によるプレゼンテーション。感動大賞(千田利幸氏)、共感大賞(吉井雅之氏)、 特別賞(田中一馬氏)が選出。

写真:2008

2009

12月11日(金)
第三回大会予選開催<銀座ブロッサム>(観客400名)
20組のプレゼンターから、審査員により本選8組が出場決定。

12月12日(土)
第三回大会本選開催<JCBホール>(観客1500名)
本選進出の8組によるプレゼンテーシーン。
感動大賞(石井和之氏)、共感大賞(斉藤直人氏)が選出

写真:2009

2010

12月9日(木) 第四回大会セミファイナルステージ(予選)開催
<グランドプリンスホテル赤坂> (観客500名)
20組のプレゼンテーションが行われ、審査員が夜のパーティ会場にて
8組を選出。

12月10日(金) グランドプリンスホテル赤坂にて、夢の講師陣30名から夢を叶えるノウハウを伝授。

12月11日(土) 第四回大会ファイナルステージ(本選)開催<JCBホール>(観客1600名)
本選進出の8組によるプレゼンテーション。感動大賞(時澤えり子氏)、
共感大賞(坂元恵里氏)、が選出。

写真:2010

2011

12月9日(金) 第五回大会セミファイナルステージ(予選)開催
<リクルートアカデミーホール>(観客200名)
20組のプレゼンターから、審査員により本選8組が出場決定。

12月10日(土) 第五回大会ファイナルステージ(本選) 開催
<TOKYO DOME CITY HALL>(観客1600名)
本選進出の8組によるプレゼンテーション。感動大賞(三浦勝治氏)、
共感大賞(清輔夏輝氏) が選出。

写真:2011

2012

12月7日(金) 第六回大会セミファイナルステージ(予選) 開催
<日本科学未来館 みらいCANホール>(観客300名)
20組のプレゼンターから、審査員により本選8組が出場決定。

12月9日(日) 第六回大会ファイナルステージ(本選)
<TOKYO DOME CITY HALL>(観客1700名)
本選進出の8組によるプレゼンテーション。
感動大賞(沼田聡氏)、共感大賞(中澤清一氏)が選出。

写真:2012

2013

12月12日(木) 第七回大会セミファイナルステージ(予選)開催
<シアターGロッソ> (観客300名)
20組のプレゼンテーションが行われ、審査員が本選に出場する
8組を選出。

12月14日(土) 第七回大会ファイナルステージ(本選)開催
<TOKYO DOME CITY HALL>(観客1800名)
本選進出の8組によるプレゼンテーション。感動大賞(笛木紀子氏)、
共感大賞(上原伸治氏)、が選出。

写真:2013

2014

12月12日(金) 第八回大会セミファイナルステージ(予選)開催
<全電通労働会館>(観客200名)
20組のプレゼンターから、審査員により本選8組が出場決定。

12月13日(土) 第八回大会ファイナルステージ(本選) 開催
<TOKYO DOME CITY HALL>(観客1500名)
本選進出の8組によるプレゼンテーション。感動大賞(勝又三成氏)、
共感大賞(大高勇気氏) が選出。

写真:2014

2015

12月11日(金) 第九回大会セミファイナルステージ(予選) 開催
<日本橋公会堂>(観客400名)
20組のプレゼンターから、審査員により本選8組が出場決定。

12月12日(土)
第九回大会ファイナルステージ(本選)
<TOKYO DOME CITY HALL>(観客2000名)
本選進出の8組によるプレゼンテーション。
感動大賞(小澤綾子氏)、共感大賞(三宅晶子氏)が選出。

写真:2015

このページのトップへ