ドリプラマガジン 日本中・世界中のドリプラ情報満載!実行委員会メンバーによるドリプラマガジン 不定期発行中

和僑ドリプラ in 深セン 参加レポート2012:11:13:01:23:31

  • 地域・業界ドリプラ
  • 2012年11月13日

11/11(日)に、第3回目となる和僑ドリプラ in 深センが開催されました。
このたび日本からの応援団と一緒に参加させていただきました。
2010年に始まった第1回大会から参加しているのですが、
今年も人の成長と、力強い活動を感じることができた素晴らしい舞台でした。
前日の相互支援会から参加させていただけることが、毎回本当に楽しみの大会です。

レポートを掲載いたします。


第3回 和僑ドリプラ in 深セン
日時 2012年11月11日(日) 13:30-17:30
会場 深セン羅湖区シャングリラホテル3階広州ルーム

プレゼンター
殿城英之さん
古谷智愛さん
藤田勝光さん
寥燕君さん
盛田哲平さん

プログラム
・ドリプラ対談
・プレゼンテーション 5名
・鶴岡秀子さん講演
・プレゼンター交流&展示

続きをよむ

今年もやります!ドリプラ2012世界大会 高校生以下は無料招待です2012:10:30:18:41:33

  • お知らせ
  • ドリプラ最新動向
  • 2012年10月30日

ドリプラ2012世界大会本選まで、あと40日を切りました。
ドリプラに挑戦している20組のプレゼンターは、今まさに準備の真っ最中。

毎日現状を報告するメールが飛び交い、本当に実現したいこと、そしてそのための準備を
繰り返し繰り返し、行っています。
そんなプレゼンターの近況を受け、支援者は支え、応援し、本気で対応する。

その過程を経て出来上がったプレゼンテーションは、
そして事業計画は、その人の積み上げてきた過程そのもの、
生き方そのものが表現されたものです。

心から実現したい社会の姿に、事業の価値に、感動する。
その実現に向けて挑戦し続ける生き様に、共感する。

そんな大人の姿、夢は誰でも挑戦できるという姿を、見てもらいたいと思います。

ドリプラ2012世界大会招待参加申し込みは、こちらからご登録ください。

高校生以下は無料でご招待。
招待席は、第3バルコニー席となります。
引率する方はバルコニーチケットをお求めください。

観覧チケットの購入はこちらから。

続きをよむ

相互支援会とは!2012年のポイント2012:10:15:18:25:43

  • 相互支援
  • 2012年10月15日

ドリプラの目指す社会、
すべての人が夢を語る社会に向けて、開催されているのが、相互支援会です。

相互支援会は定義を
『プレゼンテーションと事業計画書の作成を通して、夢を叶えられる自立型人材になること』
と定めています。


すべての人が夢を語る社会とは、
年齢も性別も国籍も経験も現状も一切関係なく、誰もが
夢を持って挑戦できる社会です。
そのために、夢を実現することをゴールとするのではなく、
夢を実現できる『人間』に成長することを目的としています。

自分自身の夢を応援してもらうのではなく、自分が相手のために
今何ができるのか、応援をしあう場となります。
人を応援することで、仲間ができます。


一人ではできないことを、仲間を集めながら一つ一つ乗り越えていく、
真の仲間と出会う場、仲間をつくれる人間になっていく場です。

続きをよむ

ドリプラ2012世界大会プレゼンターが決定2012:07:30:17:02:35

  • ドリプラプレゼンター
  • 2012年7月30日

ドリプラ2012世界大会へ、たくさんの夢を応募いただきました。
本当にありがとうございます。
どれもその人らしい夢の数々。
その人らしい、思い。
やり方。
エントリーしていただいたすべてのプランに出場していただきたい。
しかし20組を書類審査で選ぶというルールがある以上、選ばせていただきました。

書類審査の基準は、ドリームプラン 6つの条件に準拠します。

  1. 社会的貢献度が高い事業であること
  2. 独自の価値・魅力があること
  3. 事業としての発展性があること
  4. 実現のための準備ができていること
  5. 発表者の人生観とリンクしていること
  6. 人々をワクワクさせること

続きをよむ

ドリームプラン 6つの条件の解説2012:06:26:23:54:30

  • お知らせ
  • 2012年6月26日

ドリプラでは、描く夢の6つの条件を掲げています。

社会に新たな価値と感動を提供するビジネスプランです。
それは、以下の6つの条件を満たすものと定義しています。


  1. 社会的貢献度が高い事業であること

  2. 独自の価値・魅力があること

  3. 事業として発展性があること

  4. 実現のための準備ができていること

  5. 発表者の人生観とリンクしていること

  6. 人々をワクワクさせること


それではこの6つを、それぞれ解説していきたいと思います。

続きをよむ

前へ << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 >> 次へ

このページのトップへ