ドリプラマガジン 日本中・世界中のドリプラ情報満載!実行委員会メンバーによるドリプラマガジン 不定期発行中

相互支援会の目指すところ2011:09:30:12:32:58

  • 相互支援
  • 2011年9月30日

こんにちは。
ドリプラ事務局の川合径です。

今日は改めて、相互支援会についてのイメージをつづってみます。

相互支援会は、誰かを応援しにくる場です。
応援することから始まり、その結果自分にも応援が集まる。
そんなドリプラの世界観を凝縮したのが、相互支援会。

だからこそ私はこの相互支援会を、ドリプラが目指す理想の世界の縮図だと思っています。

今年の相互支援会は、JALさんのご協力により、WING HALLで開催していますが、ここで
行われている自立と相互支援、人を認め会い、応援に溢れた空間こそが、私たちがドリプラを通してつくりたい社会像だと思います。

ここ相互支援会で行われていることが、そのまま未来になっていくと思っています。
会場の壁を超え、それがそのまま日本中世界中に広がっていきます。

続きをよむ

ドリプラ2011世界大会の観覧チケットの発売を開始しました2011:09:16:21:29:09

  • お知らせ
  • 2011年9月16日

人類の一番見たいものは、夢に挑戦し続ける人間の生きる姿。
夢を描き、その事業にワクワクさせて、応援を集めることができれば、何もないところからも新しい価値を生み出す事業にすることができる。

プレゼンテーションも、事業自体も、大切なことは世界観です。
事業の生み出す世界観を伝え、見る人がその価値を体験できるのが、ドリームプラン・プレゼンテーションです。
プレゼンテーションの品質は、その事業のサービス品質そのものと考えています。
だからこそ、一つの写真、一つの言葉、一つのストーリーをこだわり抜いて作り上げる。
ここまでこだわり抜いたプレゼンをつくるのならば、この人の作り上げるものはきっと信頼できる。
きっと高いサービスのレベルになるはず。

それと同時に、なぜその事業に取り組み続けるのか、夢に挑むあきらめない理由を伝えることにより、決意を示す。

ここまでやるか!
そこまで思いを込めるのか!!
そのプレゼンを聴いただけで応援したくなってしまう。
ドリプラのプレゼンテーションは、その人の生き方そのものです。

全国各地で夢に挑戦する、勇気ある人の生き方を体験できるドリプラ2011世界大会。

観覧した人は、自分の夢に向かって行動するきっかけをつかめるはずです。
背中を押してもらえるはずです。
そして、きっとひとりひとりが自分らしい生き方をできる、答えを見つけられるはずです。

ドリプラ2011世界大会 本選(ファイナルステージ)
2011年12月10日(土) 13:00-18:30 (12:00開場)
TOKYO DOME CITY HALL

観覧チケットは、こちらからお申し込みください。

続きをよむ

走って夢を宣言!RUN for PEACE TOKYO 10.102011:09:15:22:33:45

  • お知らせ
  • ドリプライベント情報
  • 2011年9月15日

走るだけで社会のためになる、誰かの応援になるランイベント
『RUN for PEACE チャリティラン』を行います。

RUN for PEACEとは、その名のとおり、走るだけで何かのためになる、チャリティラン。
キーワードは、競わない、急がない、比べない。
マイペースで行くことを目標にしています。

ドリプラの仲間たちも一緒に走るラン
走りながら夢を語るラン
きつくなってもすぐ近くに仲間がいるから完走できるラン

秋空の下、一緒に皇居の緑、都心の街並みを楽しみながら走りましょう!
走り終わったら、私はこうして世界を変える!という宣言もできますよ!
その思いに、仲間も集まりますね!

開催日時 10月10日 受付開始 9:30 スタート 10:00
コース 集合場所→日比谷公園 開催会場 皇居周回コース
参加費 2,000円

続きをよむ

人に会ったらまず夢を応援する2011:09:14:22:42:12

  • ドリプラ最新動向
  • 2011年9月14日

ドリプラ事務局の川合です。
今日はドリプラのスタッフミーティングでした。

毎週ミーティングを開催していて、進捗共有や今後の動き、課題を話し合っています。
同時に大切にしているのは、なぜドリプラを開催するのか。なぜ関わるのかという、お互いを理解しあうこと。
その一環として、スタッフそれぞれがどんな特技を持っているのか、どんな志事をしているのかを、伝え合っています。
今日のミーティングでは、お徳スタッフの大太さんが、自分の志事と会社についてお話しされました。

会社の話をされている姿から、自分の会社が本当に好きなんだと、ビシビシ伝わってきました。
大好きな志事を、大好きな仲間とともに、成長を感じながら行う。
こんな幸せなことは、ありませんね。

続きをよむ

ドリプラ2011世界大会への思い -ドリプラを世界のインフラに- その22011:09:13:01:36:18

  • ドリプラ最新動向
  • 2011年9月13日

こんにちは。
ドリプラ事務局の川合です。
昨年中国深センのドリプラプレゼンターとして登壇し、夢に挑戦し続ける大高勇気さんが来社されました。

大高さんは、中国広州に住み、失われつつある中国茶の作法である真の茶藝(ちゃげい)を体系化し、後世に伝える活動をされています。
茶藝を極めるだけでなく、自身でお茶の産地に赴き、自らの目で確かめた高い品質のお茶を、農家さんが継続できる適正価格で買い取り、販売するというお店(ChineseLife)を経営しています。

日本のお客様へ紹介するためにこの度来日し、その足で事務所によっていただきました。
相変わらずの芯のしっかりした考えと思い、中国茶が大好きという大高さんと、1年越しの夢を語り合うことができました。

続きをよむ

前へ << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 >> 次へ

このページのトップへ